Work

50代女性の転職で役に立つ資格は 再就職に有利な資格には

50代で転職を考えている女性のなかには

「50代の女性でも活躍できるところはあるだろうか」
「未経験の職種に挑戦したいけど転職できるのだろうか」
「独立や自立を考えているけど可能だろうか」

といった疑問や悩みを抱えている人もたくさんいると思います。
転職へ不安を抱えている50代女性に強い味方となるのが資格です。

現在では、いろいろな業種のいろいろな資格がありますが、自分の希望するような転職を実現
するためにはどのような資格を取得すればいいのかわからないという人も多いのではないで
しょうか。

そこで、ここでは50代からでも使えるような資格や、未経験の50代の女性におすすめの資格、
自立・独立を考えている人におすすめの資格などについて紹介します。

50代からでも使える事務の資格

「50代の女性でも活躍できそう」
「定時に帰れてプライベートと両立できそう」
「長く続けていけそう」

といったイメージで事務職への転職を考えている50代女性もたくさんいると思います。
実際に事務職は女性から人気の業種ですが、ひと言に事務職といっても

一般事務
営業事務
経理事務
労務事務
人事事務
医療事務

などいろいろな種類があって、仕事内容もおすすめの資格も異なります。
ここでは一般事務のなかでも人気で50代女性にもおすすめの一般事務と医療事務に転職するた
めにおすすめの資格について紹介します。

一般事務の転職におすすめの資格

一般事務は基本的にオフィス内での仕事になるため身体への負担も少なく女性から人気の職種です。
未経験で専門資格がないという人でも応募できるケースが多いです。

そういった理由からも、応募が殺到することが予想されるため、資格を取得しスキルを磨いて
おくことでアピールしていくことがおすすめです。

一般事務に関わる資格はたくさんありますが、ここでは特におすすめの資格を2つ紹介します。

マイクロオフィスソフトスペシャリスト(MOS)

MOS(マイクロオフィスソフトスペシャリスト)とは、
ワードやエクセルといったパソコンのスキルを証明する資格です。

現在ではほとんどの企業がパソコンを導入していて、そういった企業で事務をおこなうとなれ
ばパソコンのスキルは必須といっても過言ではありません。

特に50代になるとパソコンスキルがないのではと思われがちなので、資格を取得して客観的に
アピールできる状態にしておくことがおすすめです。
試験は

・ワードとエクセルそれぞれ一般コース(スペシャリスト)
・上級コース(エキスパート)

があります。合格率は

・スペシャリストが6割くらい
・エキスパートが8割くらいで

独学で合格することもじゅうぶんに可能です。

マイクロオフィスソフトスペシャリスト(MOS)

ビジネス文書検定

一般事務は来客対応や電話応対などもおこなう、言わば「会社の顔」という存在です。

よって、ビジネスマナーやスキルを求められることになりますが、そうしたスキルがあること
を証明する資格の一つがビジネス検定です。

ビジネス検定では、基本的な文章を書くことができるかや、ビジネス用語を理解できているか
などが求められます。

試験は1級から3級まであります。
合格率は

・3級で9割弱
・2級が7割弱
・1級が3割くらい

独学で合格を目指すことができます。

ビジネス検定

医療事務の転職におすすめの資格

医療事務は医療機関での受付、会計、医療費計算を始めいろいろと活躍する場があります。
医療事務であれば、体力に自信がないという50代女性でも長く働いていくことが可能です。

また、医療機関は日本全国どこにでもありますし、違う地域や県へ引越しをするとなった場合
でも求人を見つけやすく転職もしやすいです。
医療機関は無くなることはないので、安定して働けるというのも魅力です。

医療事務に関する資格は数十種類とたくさんありますが、ここでは特におすすめの資格につい
て紹介します。

医療事務管理士®技能認定試験

医療事務管理士®技能認定試験は
医療機関の資格として日本で最初にできた資格で認知度も非常に高い資格です。

特に診療報酬の算出は、診療報酬や医療保険制度などの仕組みについても理解する必要があ
り、専門性の高いスキルとなるので、そうしたスキルがあることを証明することができるこの
資格を持っていると転職の際にアピールができます。

受験資格はなく、年齢制限もないので未経験の50代女性も挑戦できます。

専門知識を学んでいく必要はありますが、合格率50%くらいなので、ゼロから学ぶ人でもしっ
かりとレセプトを書く練習などたくさん努力していけば合格することはじゅうぶんに可能です。

医療事務管理士®技能認定試験

メディカルクラーク検定(医療事務技能)

メディカルクラーク検定は
医療事務員として働くために必要となる知識やスキルが備わっていることを証明する資格です。
試験内容は

・医療事務知識
・診療報酬請求事務
・患者接遇

に関する問題が出題されますが、医療事務知識と診療報酬請求事務の問題に関しては試験中に
参考資料を確認しながら解答ができます。

なので、勉学に励んでいた学生時代から数十年のブランクがあって、暗記には自信がないとい
う50代女性でも資料を見ながら解答することができるのでおすすめです。

メディカルクラーク検定(医療事務技能)

未経験の50代女性でも働ける可能性がある資格

50代女性となると年齢的に転職は難しいだろうと不安になる人も多いと思いますが、さらに未
経験の職種への転職となるとかなり厳しいのではないかと不安になるでしょう。

実際、未経験の50代女性の転職となると難しくなるのは間違いありませんが、未経験の50代
女性を採用している業種はありますし、そうした業種で役に立つ資格もいろいろあります。

そこで、ここでは未経験の50代女性の転職におすすめの資格を2つ紹介します。

普通自動車二種免許

普通自動車第一種免許を持っている50代女性であれば、普通自動車二種免許の資格を取得する
のもおすすめです。普通自動車二種免許の資格を取得するとタクシードライバーになることも
可能になります。

タクシードライバーというと男性のイメージが強い人も多いかもしれませんが、最近では女性
ドライバーも増えてきており、未経験の50代女性の人も活躍しています。

普通自動車二種免許の資格があればタクシードライバーの他にも会社役員などの運転手の求人
などにも応募ができるようになります。さらに、近年では介護タクシードライバー需要も増え
ているので、そうした仕事への転職も可能になります。

普通自動車二種免許

介護職員初任者研修

50代女性で未経験となると求人もあまりないのではと心配になる人も多いと思いますが、そう
いった中で介護業界は未経験の50代女性でも積極的に採用をおこなっている業界です。

介護業界への転職を考えている未経験の50代女性におすすめの資格が介護職員初任者研修です。
介護の仕事は

・生活援助(洗濯、料理、掃除など)
・身体介護(入浴、排泄、食事など)

この2つの大きく分けられますが、身体介護をおこなう場合は介護の資格が必要になります。

その介護の資格の中でも介護初心者の資格に位置づけられるのが介護職員初任者研修です。
この資格を取得して介護の経験を積んでいって、介護福祉士、認定介護福祉士と上位の資格の
取得を目指していくというようにステップアップしていくことができます。

介護職員初任者研修

50代で転職を目指している女性のなかには

「再就職を目指しているけど不安だ」
「専門職に挑戦したいけど可能だろうか」

など、いろいろな不安を抱えている人も多いと思います。

そこで、転職活動時にアピールしたり、転職後に自信をもって仕事に取り組んだりすることが
できるように資格の所得を検討している人も多いでしょう。

そういった人達のために、ここでは50代女性の再就職に有利な資格や専門職を目指している人
におすすめの資格について紹介します。

また、50代の女性におすすめの国家資格や取得しやすい資格についても紹介します。

50代女性の再就職に有利な資格

現在の家庭の経済面や老後の生活などを考えて再就職を検討している50代女性もたくさんいる
と思います。

50代で再就職となるといろいろな不安もあると思いますが、そういった人に強い味方となるよ
うな資格を紹介します。

日商簿記検定

日商簿記検定とは、経営活動がある企業で計算、記録、整理を日々おこなって、財政状況や経
営成績を明確するスキルがあることを証明する資格です。

個人商店から大企業まで帳簿記入は欠かすことができませんし、日商簿記検定の資格がある人
は業種を問わずニーズがあるので、再就職に有利になります。

また、年齢、学歴、国籍などの制限も一切ないので50代女性にもおすすめです。

日商簿記検定は1級から3級まであります。

・3級だと基礎は理解しているというレベル
・2級は実際の業務で効果を発揮できるレベル
・1級は経営管理、経営分析ができるレベル

というのが目安です。
合格率は

・3級で50%前後
・2級で20%前後
・1級で10%前後

日商簿記検定

ケアマネージャー:難易度は低め

ケアマネージャーとは、
医療・福祉・保険のサービスを提供する側と介護が必要な人との懸け橋となる存在です。

介護を必要な人が適切なサービスを受けることができるようにサポートをおこなうのが仕事
で、性別や年齢に関係なく長く働いていける仕事になるので、50代女性にもおすすめです。

超高齢化社会と言われている現代で、ケアマネージャーは社会的ニーズが非常に高く、資格を
取得することで50代女性の再就職にも非常に強みになります。

試験はマークシート方式で6割から7割くらいの正解率で合格なので、難易度は低めですが、
実務経験が5年など受験資格をクリアしている必要があります。

ケアマネージャー

50代以降も働ける資格

50代女性の転職となるとお給料などの勤務条件も当然気になるところですが、そもそも採用し
てもらえるところがあるのだろうかという心配が真っ先にくる人も少なくないでしょう。

特に、長年主婦をしていてブランクが長い人や、特にアピールできるような経歴やスキルがな
いという人は、取得することで50代女性でも働くことができるような資格を取りたいと考える
と思います。

そこで、ここでは、そういった50代女性におすすめの資格を紹介します。

クリーニング師:難易度は中

クリーニング師の資格は、クリーニング工場やクリーニング店で洗浄から仕上げまでおこなう
プロであることを証明するものです。

クリーニング店は全国どこにでもありますし、クリーニング店にはクリーニング師を1人以上
配置しなければならないと法律で定められているため、多くのチェーン店を抱えているクリー
ニング店などからのニーズが高いです。

また、独立開業して自立ができることや、高齢になっても長くやっていけることもあり50代
女性の転職にもおすすめです。

スポンサーリンク

資格は、各都道府県が運営している試験に合格して、申請をすることで取得ができます。
受験資格は中学卒業以上であれば誰でも受験ができます。

試験はアイロンがけなどの実技と筆記試験があります。
筆記試験の難易度はそれほど高くなく、合格率は6割から7割くらいです。

クリーニング師

フラワーアレンジメント:合格率が高め

フラワーアレンジメントとは、器やカゴ、ブーケに花を飾り付けたり、整えたり、組み合わせ
たりするものです。
花を扱うものであるため年齢問わず多くの女性から人気の資格です。

フラワーアレンジメントの資格を取得することで、花屋や結婚式場などで働いたり、フラワー
アレンジメント教室を開いたりといろいろな活躍の場があります。
フラワーアレンジメントに関する資格は

・フラワー装飾技能士
・フラワーデザイナー
・フラワーデコレーター
・フラワーカラーコーディネーター

など国家資格から民間資格までいろいろあって、取得条件も在宅試験で資格取得できるものか
ら、認定校や認定講師で学ぶ必要があるものまで様々です。
資格の種類によって難易度は異なりますが全般的に合格率は高めです。

フラワーアレンジメント

50代からでも取得可能な国家資格

転職を検討している50代女性のなかには
「50代からの転職となると相当厳しいだろうから国家資格を取得してアピールしていきたい」

と考えている人もいると思います。
そこで、ここでは50代からでも取得可能な国家資格を紹介します。

司法書士:難関

司法書士は法律の専門的な知識に基づいて、裁判所や法務局、検察庁に関する登記や書類作成
をおこなうことができることを証明する国家資格です。

資格取得後は司法書士事務所に就職する他にも、専門書類の作成や契約書をチェックを行える
人材を求めて司法書士の資格をもっている人を応募する企業も増えてきているので、そういっ
た企業に転職するという選択肢もあります。

受験資格に性別、年齢、国籍などの条件はありませんし、未経験者でも問題ないので、50代女
性で転職を考えている人もチャレンジができます。

しかし、国家資格のなかでも難関と言われていて合格率は3%
かなりの時間を勉強に費やす必要があります。

司法書士

調理師免許:難易度は比較的低め

調理師免許は
調理師として栄養や衛星に関して必要な知識やスキルがあることを証明する資格です。

国家資格である調理師免許を取得していると、レストランやホテル、給食施設などへの転職に
有利になります。

また、飲食店に必ず一人は配置することが法律で義務付けられている食品衛生責任者にも調理
師免許を取得していると新たに試験を受けずになることができます。

また、将来独立してお店を持ちたいという場合に調理師免許は必須ではありませんが、自信を
持ってお店をやっていくためや、お客様からの信頼という意味でも資格を取得しておくのがお
すすめです。

ただし、調理師免許の受験資格があって、調理師専門学校に通学するか実務経験が2年以上な
いと受験ができません。

これから受験資格を満たして試験に挑戦することもできますが、これまで飲食店や給食施設な
どで勤務経験があるという女性には特におすすめです。

試験は合格率が6割くらいと国家資格の中では難易度は比較的低めです。

調理師免許

50代になると、子育てがひと段落ついた主婦も多いと思います。
そんななか

・ブランクがあるけど転職をしたいという主婦
・転職をきっかけに人生をやり直したいという女性

これまでの人生を振り返ったり、今後の人生を考えたりと、人生についていろいろと考
えることも多い年代でもあるでしょう。

そこで、ここではパートで働く際に有利な資格や主婦におすすめの資格、人生をやり直したい
人におすすめの資格などを紹介します。

パートで有利な資格

パートとして働くと、正社員や派遣よりも勤務日数や勤務時間が短いためプライベートと両立
しやすいというメリットや、求人件数、未経験歓迎の求人が多いというメリットがあります。

50代女性で転職を考えている人のなかにはパートとして働こうと考えている人もたくさんいる
と思います。
そこで、ここではパートで働く際に有利な資格について紹介します。

チェッカー技能検定:難易度中〜高

パートで働くことを考えている人のなかにはスーパーなどでのレジ打ちを考えている人もいる
と思います。

レジ打ちはパートの応募も多いですし、未経験でも可能な場合がほとんどなので、パートで働
きたい50代女性におすすめです。

そして、レジ打ちをする人におすすめなのがチェッカー技能検定です。

チェッカー技能検定は、レジ打ちが正確かつスピーディーであることや、接客スキルが備わっ
ていることを証明する資格です。

チェッカー技能検定の資格は3級から1級まであり、試験は筆記試験と実技試験があります。

2級と3級は合格率が50%から60%くらいと難易度は低め〜中ですが、1級になると合格率は
10%以下と難易度はかなり高くなります。

チェッカー技能検定

危険物取扱者:難易度は低め

危険物取扱者とはガソリンや金属粉など燃焼しやすい物品を大量に製造したり、貯蔵したりす
る場所で管理や取り扱いができることを証明する資格です。

危険物取扱者の資格取得者が活躍する場所としてガソリンスタンドが有名ですが、ガソリンス
タンドの他にも化学工場や塗装、燃料関係の仕事などいろいろなところで役に立つ資格です。

危険物を取り扱うというと、男性のイメージが強いかもしれませんが、ガソリンスタンドの
パートは時間の融通も聞きやすいので女性にも人気で、危険物取扱者の資格を取得してガソリ
ンスタンドなどで活躍している女性はたくさんいます。

資格の種類は甲、乙、丙とあって、乙と丙は年齢、性別、学歴などの制限がなく未経験者でも
受験ができます。
試験はマークシート方式で6割以上の正解率で合格なので、難易度は低めです。

危険物取扱者

サービス接遇検定:難易度は中〜高め

サービス接遇検定とは、応対の技術を始め、接客マナー全般のスキルがあることを証明する資
格で、受験資格はなく誰でも受験ができます。

この資格は、顧客へサービスを提供する側としての立ち振る舞いや言葉遣いといった基本的な
ことから、顧客心理、お金の管理に関することを学んで取得します。

現在では、どの企業もサービスの質は非常に重視されているので、資格をしていることで、
サービス業を始め、いろいろな業種でパートとして働く際に活かすことができます。

サービス接遇検定は
・3級
・2級
・準1級

3級と2級はマークシートと記述式の筆記試験で難易度もそれほど高くありません。
しかし、準1級は接客シーンを想定したロールプレイングがおこなわれ、難易度はやや高めです。

サービス接遇検定

主婦であると良い資格

50代の主婦が転職を検討する場合

「主婦でブランクがあるのに採用してもらえるだろうか」

と心配になる人もたくさんいると思います。
しかし、主婦の経験が活きる職場はたくさんありますし、そうした仕事に役に立つ資格もたく
さんあります。そこで、ここでは主婦におすすめの資格を紹介します。

掃除能力検定:難易度は中

掃除能力検定とは、文字通り掃除の能力を測定する技能検定で、資格を取得することで掃除の
能力が備わっていることを証明することができます。

年齢制限はありませんし、普段から掃除をおこなっている主婦にとっては取得を目指しやすい
資格です。

掃除のスキルは清掃業界だけではなく、介護士、ホームヘルパー、飲食店などいろいろな業種
への転職に有利です。

また、プライベートの掃除にも活かすことができて、清潔な環境を作り出すことができるよう
になるのも魅力です。

掃除能力検定の資格は5級から1級まであります。

4級以上が業務で通用するレベルと言われています。
受験数や合格率などは公表されていませんが、難易度はそれほど高くないと言われています。

掃除能力検

チャイルドマインダー:難易度は低め

チャイルドマインダーは子供を預かる保育の専門家であることを証明する資格です。

小さなお子さんと接する仕事になるため、子育て経験のある主婦におすすめの資格です。
チャイルドマインダーの資格を取得することで、企業の保育施設や託児所などで働いたり、開
業して自宅で子供を預かったりできるようになります。

保育士資格よりも取得しやすく、チャイルドマインダー預かることができる子供の人数も4人ま
でと決まっているので、保育士のように大人数を預かるのは難しいという人にもおすすめです。

資格を取得するためには、英国チャイルドマインダー養成講座というものを受講して試験に合
格する必要があります。

試験は筆記試験のみで難易度も低めです。

チャイルドマインダー

金融窓口サービス技能士:難易度は中

金融窓口サービス技能士は、金融機関の窓口業務などのスキルがあることを証明する国家資格です。

金融機関での業務となると、未経験者や特別なスキルがない人には無理ではないかと思う人も
いるかもしれませんが、窓口業務や事務、ロビーでの案内係などは未経験者も可能であるケー
スが多く、パートとして働ける応募も多いです。

また、残業もほとんどないケースが多いので、プライベートと両立しやすいので子育て中の主
婦にもおすすめです。

金融窓口サービス技能士の資格
・3級
・2級
・1級

とあります。
試験は学科試験と実技試験があります。どの級も100点満点中70点以上で合格と難易度は普通く
らいです。

金融窓口サービス技能士

転職を考えている50代の女性、パートで働く際に有利な資格や主婦におすすめの資格、などを
紹介しました。

50代の女性が活躍できる仕事や役に立つような資格はそんなにないだろうと思っていた人も多
いかもしれませんが、こうしてみると未経験の50代の女性の人でも活躍することができる業種
や、そうした業種への転職に役に立つ資格は意外とあることが分かると思います。

転職活動や転職後の仕事に自信をもって挑むことができるようになるためにも、転職を考えて
いる50代女性の方はこうした資格を目指してみてはいかがでしょうか。

そして
「50代の主婦だと転職は難しいだろうか」
「パートで有利になる資格はあるだろうか」

といった50代女性は、ぜひ参考にして転職活動や転職後の仕事に活かしてみてください。

30代のスキンケアおすすめ! 最適な基礎化粧品はこれ前のページ

50代女性が食える 稼げる 一生続けられる資格は 人生やり直しできる資格には次のページ

ピックアップ記事

  1. 40代の恋愛 女性がバツイチのアプローチには 40代女性を好きになってしまった時…
  2. 50代女性との恋愛 50代男性が心に留めておくべきこと
  3. 40代の恋愛 女性が対象とする男性は 40代女性を好きになってしまった時に
  4. 40代の女性を好きになる男性ってどんなタイプ?

関連記事

  1. Work

    会社の飲み会に行きたくない!そんな人が知っておくべき 知ってほしいことは

    会社で働くことになると多くの人が経験することになるのが「飲み会…

  2. Work

    職場のめんどくさい女性 対処法に最適なのは 細かい人の対処法は

    あなたの職場に細かくてめんどくさい女性はいますか?あまりに…

  3. Work

    職場のめんどくさい女性 女友達の特徴は!めんどくさい事には

    どんな職場でも出会う確率が比較的高い「めんどくさい女性」「…

  4. Work

    スーツのボタンマナーレディースのポイント着こなしの注意点には

    就職活動や転職活動、ビジネスシーンなど何かと着る機会のある…

  5. Work

    50代女性スーツの面接はこれがおすすめ!もう悩まないスーツには

    子どもが手を離れて自分の時間ができてお仕事を再開されたい方、こ…

  6. Work

    50代女性の転職におすすめの仕事や有利になる資格をご紹介

    転職を考えている人や転職活動をおこなっている人のなかには、思う…

特集記事

最近の記事

  1. Friends

    めんどくさい!友達付き合い対処法 女友達におすすめ
  2. Friends

    女友達との喧嘩で仲直りしたい時は 女性同士の喧嘩には
  3. Friends

    女 友達と喧嘩したから気まずい!そんな時には
  4. Work

    職場のめんどくさい女性その対処法は めんどくさい部下には
  5. Friends

    女 友達と喧嘩した!そんなときの対処法は?
PAGE TOP