Life

60代が着てはいけない服とは?痛いファッションになってない?

「60代になってもファッションを楽しみたい」
と思っている人はたくさんいると思います。

しかし、
いろいろなファッションを試してみたいという気持ちがあっても

「このファッション年齢的に大丈夫?」
「痛いファッションになってない?」

と思うとなかなか積極的になれないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、

ここでは60代が着てはいけない服とはどういったものか

を紹介していきたいとおみます。

60代女性が控えるべきファッション

基本的にファッションは自由なので着てはいけない服などはないのですが、
60代の人が

「上品でおしゃれだと思われたい」
「痛いと思われるようなファッションは避けたい」

というのであれば控えた方がよいファッションはあります。
ここでは、60代の人が控えるべきファッションを紹介します。

露出が多いファッション

「若い頃からこういうファッションだった」
「スタイルには自信があるから」

といった理由で露出が多めのファッションを選ぶ人も
いるかもしれません。

しかし、60代くらいになるとどうしても肌質が変化してきます。
特に露出の多いファッションで露出する

・二の腕
・脚
・デコルテ

などは年齢による変化がわかりやすいところになるため、
こうした部分の露出が多い服だと

「品がない」
「若作りしている」

という印象を与えてしまいます。

色柄物を取り入れすぎたファッション

60代になって顔のくすみなどが気になってくると、
それをカバーするために

・明るい色
・柄

を多用したファッションを選ぶ人もいると思います。

たしかに色柄物を多用したファッションは明るい印象を与える
ことができますし、

コーディネート次第ではオシャレに見せることも可能です。

しかし、オシャレに見せるコーディネートは難易度が高く、
多くの場合は

「派手で上品さに欠ける」
「おばさんくさい」

という印象を与えてしまうことになってしまいます。

無難すぎるファッション

ファッションで悩んでいる人のなかには無難にベーシックカラーで
まとめようとする人も多いと思います。

たしかにベーシックカラーで統一したファッションは
無難で大きく失敗することはありませんが、

60代の人が無難すぎるファッションをすると
地味すぎる見た目になってしまいます。

着てはいけない服にならないための工夫

着てはいけない服とはどういったものかを紹介しましたが、

では着てはいけない服にならないためにはどういった工夫を
すればいいのでしょうか。

透け感のあるアイテムを活用する

60代の人にとって肌の露出が多いファッションは控えるべきですが、
肌の露出がなさ過ぎても地味な印象を与えてしまいます。

なので、レースなど透け感のあるアイテムなどを活用して
全体のバランスをとるのがおすすめです。

抑え目のカラーを取り入れる

色柄物を取り入れたい時は、

・一部分は抑え目の色を選ぶ
・柄物はシックな色を選ぶ

などでバランスをとりましょう。

小物を上手に活用する

ベーシックカラーで統一した無難すぎるファッションだけでは
地味な印象を与えてしまうので、

スポンサーリンク

・スカーフ
・アクセサリー

など小物を活用して華やかさも取り入れてバランスを取りましょう。

60代はカジュアルな服はNG?

服選びで悩んでいる60代の人のなかには
「カジュアルファッションは若い人のファッション」
というイメージがあって、

カジュアルファッションを避けている人もいるかもしれません。

カジュアルファッションがNGとなると選択肢の幅がすごく狭まって
しまいます。

実際カジュアルな服は60代の人にとって着てはいけない服なのでしょうか。

着てはいけない服ではない!

結論からいえば、60代でもカジュアルな服を着ても全く問題ありません。

これまで「カジュアルファッションって年齢的に大丈夫?」
と思ってカジュアルファッションを控えていた人は、

カジュアルファッションを取り入れることで
選択肢の幅がグッと広げることができるでしょう。

意識すべきポイント

カジュアルファッションは60代でも全く問題ないと紹介しましたが、
若い頃と同じ感覚で着ていると

悪目立ちしたり、
老けて見えたりしてしまう

ことがあります。
そうならないために以下のような点を意識するようにしましょう。

・清潔感は必須

カジュアルな服だからといってちょっとくらいのシワやシミ、
汚れは気にしなくていいというわけではありません。

特に60代の大人の女性が清潔感に欠けた服を着ていると

・老けた印象
・みすぼらしい印象

を与えてしまいます。

カジュアルな服を着る場合も清潔感は若い時以上に意識しましょう。

また、せっかく清潔感のある服を着るのであれば

ヘアスタイルも清潔感を意識したり、
カジュアルな服に合ったものにしたりして

オシャレ度をアップさせましょう。

・カジュアル過ぎはNG

一言にカジュアルファッションといっても
カジュアルの度合いはいろいろあります。

・カラフル過ぎる服、
・全身カジュアル

というようにカジュアルの度合いが強いファッションを
60代がしてしまうと、

幼稚な印象や品のない印象を与えてしまうことがあります。

60代がカジュアルなファッションをする場合は、

・カラーを2、3色までにしたり、
・全身のコーディネートのなかにキレイ目なアイテムも取り入れたりして

上品さも兼ね備えた大人カジュアルになるように意識しましょう。

・シルエットを意識する

若い頃からカジュアルな服をよく着ていたという人も多いと思いますが、
60代になると若い頃と比べてシルエットも異なってくるため、
若い頃と同じような着こなしをしていると、

シルエットが「何かおかしい」となってしまう可能性が高いです。

60代でカジュアルファッションを着こなすためには
若い頃よりもシルエットを意識することが大切です。

例えば、

上はゆるめで下はタイトなものを選ぶと
メリハリのあるシルエットになりますし、

上下ともジャストサイズのものを選べば縦長なシルエットになります。

このようにシルエットを意識すると60代でも
かっこよくカジュアルファッションを着こなすことができます。

まとめ

60代が着てはいけない服とはどういったものかについて紹介しました。

60代の人が控えるべき服とはどういったものかを知っておくと、
痛いファッションになってしまうことを避けることが
できるようになります。

ファッションに不安がある60代の人はこちらで紹介したようなポイントを
参考にして、ファッションを思う存分楽しんでください。

60代服はどこで買う?ブランド選びのポイントを紹介!前のページ

ピックアップ記事

  1. 50代女性との恋愛 50代男性が心に留めておくべきこと
  2. 40代の恋愛 女性が対象とする男性は 40代女性を好きになってしまった時に
  3. 40代の恋愛 女性がバツイチのアプローチには 40代女性を好きになってしまった時…
  4. プライマー と下地 違いはあった 違いで変わる仕上がりには

関連記事

  1. Life

    60代何を着て良いかわからないならこれ!

    女性であれば「いくつになってもオシャレでいたい」と思う人は多いでしょう…

  2. Life

    花の定期便のおすすめは ギフトで花の定期便ができるのは

    最近ではお花屋さんだけではなく、雑貨屋さんでも花を購入でき最初からアレ…

  3. Life

    60代服はどこで買う?ブランド選びのポイントを紹介!

    60代くらいになると「これまで来ていた服が似合わなくなってしまう」…

カテゴリー

特集記事

最近の記事

  1. Love

    遠距離恋愛 男の本音 遠距離恋愛とわかって付き合う男性心理とは?
  2. Love

    40代男性が出す好きな時の態度 職場での脈ありサインには
  3. Love

    40代男性との恋愛 なかなか告白してこないのは 付き合うきっかけは何?
  4. Love

    40代の女性を好きになる男性ってどんなタイプ?
  5. Love

    50代男性の恋愛 独身50代男性の本気の恋について紹介!
PAGE TOP