Love

喧嘩した夫婦が仲直りする時まず試す方法は 喧嘩にならいためには

どんなに仲の良い夫婦であっても、長いこと一緒に暮らしていると喧嘩をすることがあると思
います。夫婦喧嘩をしたとしてもすぐに仲直りできればいいですが、喧嘩が長引いてしまう
と、いつまでも気まずい空気のなか過ごすことになり、それは苦痛以外の何者でもありません。

また、最初は些細なことが原因で喧嘩したのに、徐々にお互いの間に溝ができて離婚につな
がってしまうことは避けたいですよね。

「よく夫婦喧嘩してしまう」
「喧嘩するとなかなか仲直りすることができない」

といった人もたくさんいると思うので、ここでは喧嘩した夫婦が仲直りする方法について紹介します。

仲直りの方法、解決法

美味しいものを一緒に食べる

美味しいものを食べると幸せな気分になるので、喧嘩した時も美味しいものを食べるのがおす
すめです。女性であれば、旦那の好物を作ってあげたり、男性なら奥さんが好きなスイーツな
どを買ってきてあげたりして、一緒に食べると自然と仲直りできるでしょう。

メールやLINEで気持ちを伝える

相手が口を聞いてくれないとか、面と向かって話すと感情的になってしまうという場合は、
メールやLINEなどを使って、文章で気持ちを伝えるのもおすすめです。

ただし、文章であっても感情的な文章になったり、言い訳や相手を責めるような文章になった
りしないように、冷静な時に文章を作成するようにしましょう。

仲直りできない時どうする?

仲直りをしたいという気持ちがあるけど、素直になかなか謝れないという場合や、相手が仲直
りしようとする気配がないという場合もあると思います。そういった場合は、多くの夫婦がど
のようなきっかけやタイミングで仲直りをしているかを参考にするのがおすすめです。

そこで、ここでは多くの夫婦が喧嘩をした時に仲直りをすることになるきっかけについて紹介します。

挨拶をする

喧嘩をしてなかなか仲直りができなくて何て話しかけていいのかわからないという人なら挨拶
をするだけでもじゅうぶんです。

例えば、喧嘩を次の朝まで持ち越した場合は「おはよう」と挨拶するだけでも

「もう喧嘩を長引かせる気はない」
「もう冷静になったので怒っていない」
「申し訳ないと思っている」

といった気持ちを伝えることができますし、挨拶された側もいつまでも喧嘩をするのはやめよ
うという気持ちになります。

実際、多くの夫婦が「おはよう」「行ってきます」「おかえり」などの挨拶をきっかけに仲直
りしているようです。

近くに座る

喧嘩をして仲直りすることができない時に、あえて相手の近くに座ることがきっかけで仲直り
する夫婦も多いです。

喧嘩をすると気まずくなって一緒の部屋にいたくなくなるかもしれませんが、お互い離れた空
間にしてもいつまで経っても仲直りすることはできませんし、時間が経てばたつほど仲直りす
るきっかけを失ってしまいます。

そこで、あえて相手の傍に座ることで、仲直りする意思があることを伝えるのは効果的です。

声をかけにくい場合は、黙ったままでもいいので一緒に座ってテレビを見たりして過ごしてい
ると自然に仲直りしていくことができるでしょう。

スキンシップをとる

スキンシップがきっかけで仲直りする夫婦も多いです。近くに座るのと同じ理由で、スキン
シップをとることで、仲直りしたいという意思を伝えることができます。

スキンシップといっても、喧嘩している時なのでベタベタする必要はありません。体を軽く
くっつけたり、肩をポンと軽くたたいたりするだけでもじゅうぶん効果が期待できます。

夫婦喧嘩を避けるのを意識し過ぎるのもNG

夫婦喧嘩をするとお互い気分がよくありませんし、仲直りするのも大変なので、喧嘩はしない
に越したことはないと誰もが思っているでしょう。

だからといって、お互いが納得できるまで話し合うことが必要な場面でも、「喧嘩になると面
倒だから」と避けてしまっていると、コミュニケーション不足になって、認識のズレが生じた
り、夫婦間の溝ができる原因になったりしてしまう可能性があります。

相手を侮辱したり、攻撃したりする喧嘩はしないに越したことはありませんが、お互いが意見
をぶつけ合って良い方法へ向かっていくために必要な喧嘩であれば、避けるべきではありません。
こうした喧嘩であれば、自分達のための喧嘩なので仲直りもすぐにできるでしょう。

夫婦の喧嘩について

夫婦喧嘩の頻度はどれくらい?

夫婦喧嘩の頻度は、それぞれの夫婦によって異なりますが、月に1度くらいという夫婦が最も
多いようです。また、半年に1度、年に1度くらいという夫婦も多く、なかには少数派になりま
すが、ほぼ毎日とか数年に1度という夫婦も存在します。

また、どれくらいの頻度になったら喧嘩が多いと感じるかという質問には、毎日もしくは週1
回と答える人が多いです。

こうした結果を見てみると、月に1度くらい夫婦喧嘩しているという人であれば、しょっちゅ
う喧嘩してしまうと深く悩む必要はないと言えるでしょう。

喧嘩の期間はどれくらい?

喧嘩をしてから仲直りをするまでの期間は、1日と答える夫婦が圧倒的に多いです。

喧嘩はしても次の日まで持ち越したくないというのが大きな理由だと考えられ、喧嘩した直後
に仲直りをしたり、一晩寝て起きたら仲直りしたりしているという夫婦が多いです。

その次に多いのが2、3日くらいということからも喧嘩してもできるだけ長引かせたくないと考
える人が多いのが分かります。

お互い冷却期間が必要な場合もあるとは思いますが、1週間、1ヶ月と喧嘩する期間が長くなる
と、その間よくない精神状態のまま過ごすことになりますし、期間が長くなればなるほど仲直
りするのが難しくなるので、できるだけ早めに仲直りすることを意識した方がよいでしょう。

無視する期間はどれくらい?

夫婦喧嘩をすると、男性の場合は、プライドが高い人が多いので相手が謝るまで口を聞かない
という考えで無視をしがちです。

また、女性の場合は「察してほしい」「怒りが鎮まるまで、そっとしてほしい」といった理由
で無視をする人が多いです。

このように、夫婦喧嘩をすると相手を無視するケースが多いですが、無視する期間は喧嘩した
直後だけという人や一日くらいと比較的短い時間だという人が多いです。

子供に与える影響は?

夫婦喧嘩が子供に与える影響はたくさんあります。

子供は自己中心的に物事を捉える傾向があるので、夫婦喧嘩をして険悪なムードになっている
と、仲が悪くなっているのは自分のせいではないだろうかと考えてしまうことが多く、

こうしたことが続くと、子供自身が日常的にビクビクするようになったり、段々と自己肯定感
が低くなったりしてしまいます。

また、夫婦間の暴力や暴言は、直接子供に向けたものではなくても子供の脳の視覚野の部分が
委縮してしまうという研究結果があります。そうした影響でコミュニケーションに支障が出て
しまうことも考えられます。

「夫婦喧嘩はしているけど子供には当たったりしていないから大丈夫」

と思っている人もいるかもしれませんが、気付かないうちにこうした悪影響を及ぼしている可
能性があるので注意が必要です。

いつも一緒に過ごしているとイライラすることもあるでしょうし、お互いの意見をぶつけ合っ
たり、日頃の不満を解消させたりするために、夫婦が喧嘩してしまうのは仕方ないかもしれません。

しかし、いつまでも続けるのは精神的にもよくありませんし、子供がいる家庭なら子供への悪
影響が出るかもしれないので、仲直りするためのコツを知っておいた方がよいでしょう。よく
夫婦喧嘩するし、なかなか仲直りすることができないという人は、参考にしてみてください。

夫婦喧嘩のよくある原因や理由

なかなか仲直りできないという人は喧嘩となる原因や理由を振り返ってみて、どのような対策
をしたらいいのだろうと冷静に考えることがおすすめです。
そこで、ここでは夫婦喧嘩の原因や理由について紹介します。

お金の使い方や考え方の違い

お金の使い方やお金に対する考え方の違いによって夫婦喧嘩になるケースは多いです。
結婚するまで違う環境で育った二人であればお金に対する考え方も異なる夫婦もたくさんいる
と思います。

自分はできるだけ節約したいと思っているのに、パートナーが気にせずにお金を使っていると
注意したくなるでしょうし、注意された側はケチくさいと不満をもつこともあるでしょう。

連絡をしても返ってこない

電話やメールなどでの連絡のやり取りに関することが原因で喧嘩になるケースも多いです。
なかでもよくあるケースは、旦那さんが奥さんからの連絡に返信をしないケースです。

食事を用意してずっと待っているのに、連絡をしないでご飯を食べて帰ってきたり、夜遅くに
帰ってこられたりすると、奥さんも腹が立ちますよね。

男性は
「家にマメに連絡している姿を周囲に見られたくない」
「単純に連絡をするのが面倒くさい」

といった理由で、奥さんとの連絡を後回しにしたり、連絡をしなかったりしてしまいしがちな
人が多いです。

「ちゃんと連絡して」と言われた時に、素直に謝れば喧嘩になることも少ないですが、
「いちいち連絡してられない」というようなことを言ってしまうと喧嘩になってしまいます。

義家族が原因で喧嘩

義家族が原因で喧嘩になることもよくあるケースです。
なかでも奥さんと旦那さん側のお母さんとの問題、いわゆる嫁姑問題が原因で夫婦喧嘩になる
ことが多いです。

特に、嫁姑問題が発生した時に旦那が間に入ってくれなかったり、姑側の味方をしたりする
と、奥さんが孤立してしまって旦那への不満も溜まっていきます。
男性は、嫁姑問題に対しては

「嫁と姑で解決してほしい」
「自分は関わりたくない」

というのが本音の人が多いです。そういった旦那さんの気持ちが態度に出てしまうと、奥さん
は腹が立って喧嘩へと発展してしまいます。

いくら家族になったといっても、義家族にはいろいろと気を遣いますし、言いたくても言えな
いこともあって不満が溜まることもあるでしょう。なので、そうした不満を少しでも解消でき
るようにパートナーが耳を傾けてフォローすることが大切です。

家事や育児に関することで喧嘩

家事や育児に関することで夫婦喧嘩になるというのもよくあるケースです。

スポンサーリンク

家事や育児に関して、家事や育児は奥さんに任せっきりという男性や、女性は家事ができて当
たり前という考えをもっている男性も意外と少なくありません。
そういった男性が旦那だと奥さんは不満を抱えることが多いでしょう。

また、家事や育児で問題が生じた場合に「お前がしっかりしていないからだろ」と自分には責
任がないというような発言を男性がすると、喧嘩になってしまいます。

生活音が原因で喧嘩

喧嘩の原因で意外と多いのが「生活音」です。

・玄関やトイレ、車などのドアの開け閉めをバンッと必要以上に大きな音を立てる
・室内を歩くときにドンドンと大きな足音を立てる

普段はあまり気にならなくても機嫌が悪い時や、心身の調子があまり良くない時など、相手が
立てる生活音にイライラしたことがある人はたくさんいると思います。
それを指摘すると相手は

「いちいち細かいことを気にするな」
「あなただってうるさい時あるじゃない」

と不機嫌になり喧嘩になってしまいます。
特に、同棲生活をほとんど経験しないまま結婚した夫婦はお互いの生活音を知らないまま結婚
生活を始めることになるので、相手の生活音が気になるケースが多くなります。

また、夫婦関係が冷え切ってしまうと、相手の立てる生活音全てにイライラしてしまうなんて
こともあるようです。

夫婦喧嘩をしている時の状況や男性と女性の心理の違い

夫婦喧嘩している時の状況や男性の心理

男性は喧嘩している時に、女性が感情的になるのを嫌がります。
男性社会では感情に任せて言動をする人は、感情をコントロールできない人ということで、職
場やチームなどから否定される存在になってしまいます。

感情的になるような場面でも、感情を抑えて問題を解決しなければならないというのが習慣づ
いている男性が多いです。

そういった男性だと、夫婦喧嘩の際に怒りに任せて不満をぶちまけたり、泣いてしまったりと
感情に任せた言動を女性からされるとどう対応したらいいのかわからなくなってしまいます。

多くの男性は、こんなに感情的になられたら話にならないと思って無言になったり、その場か
ら去ったりという行動をとろうとします。

夫婦間の問題を解決したいと思っていて、旦那にしっかりと話を聞いてもらいたいという
女性の場合は、感情的にならないように冷静な状態の時に話し合いをすることが大切です。

夫婦喧嘩している時の状況や女性の心理

夫婦喧嘩をしている時の女性は、不満に思っていることや悩んでいることを理解してほしいと
いう気持ちが強いです。

そして、理解してもらいたいという気持ちが強すぎて、思っていることを次から次へとぶちま
けたり、感情的になってしまったりしてしまいがちです。

そうなると、男性側に話を聞いてもらえず、余計に感情的になってしまうという悪循環には
まってしまいがちです。

男性はそういった女性の心理を理解して、奥さんの不満や主張をしっかりと聞いてあげること
が大切になります。

このように、夫婦喧嘩の原因や理由に注目してみると、男性と女性によって考え方に違いが
あって、その違いが喧嘩の理由や原因につながっていることが分かると思います。

また、仲直りすることができない場合も同じように男性が女性の心理、女性が男性の心理をよ
く理解していないことが原因となっているケースが多いことも分かるでしょう。

喧嘩をしている状況で相手の心理まで考える余裕はなかなか持てないかもしれませんが、仲直
りしたいという人は参考にしてみてください。

「できればしたくないけど、頻繁に夫婦喧嘩してしまう」
「喧嘩するとうまく仲直りできない」

こういった悩みを抱えている人はたくさんいると思います。
夫婦喧嘩が絶えないという場合や、なかなか仲直りができないという場合は、原因を考えて対
策をとることで、喧嘩になるのを予防したり、うまく仲直りできるようになることが可能です。

そこで、喧嘩にならないための予防方法や仲直りのコツについて紹介します。

あらかじめルールを決めて夫婦喧嘩を予防

夫婦喧嘩が絶えないという夫婦や、喧嘩をするとなかなか仲直りすることができないという夫
婦には、お互いが冷静な時にあらかじめルールを決めておくことがおすすめです。

ルールを決めておくと、そのルールがきっかけで喧嘩をするのを思い留めることができたり、
喧嘩をやめることができたりすることが期待できます。

夫婦喧嘩に関するルールは、それぞれの夫婦が自分達に合ったルールを決めれば問題ありませ
んが、どのようなルールにすればいいかわからないという人もいるかもしれません。
ここでは夫婦喧嘩に関するルールの参考例を紹介します。

子供の前では喧嘩しない

喧嘩をすることはあっても、子供が見ている前では絶対にしないというルールを決めている夫
婦は多いです。
夫婦にとっては一時的に喧嘩していただけのつもりであっても、喧嘩をした姿を見た子供は

「自分の両親は仲が悪い」
「自分のせいで喧嘩しているのでは」

などと思って不安な気持ちなってしまいます。

喧嘩をしても挨拶はする

喧嘩をしている時であっても「おはよう」「いってらっしゃい」
などの挨拶だけは必ずするとルールを決めておくのはおすすめです。

喧嘩をしている時はお互い口を聞くのも嫌になりますが、口を聞かない時間が長くなると仲直
りをするきっかけがつかみにくくなります。しかし、挨拶をして声を掛け合うことで仲直りし
やすくなります。

謝られたら許す

喧嘩をしても片方が謝ってきたら許して喧嘩を終わりにする、とルールを決めておくのもおす
すめです。こういうルールを決めておけば謝りやすくなりますし、喧嘩しても早めに仲直りす
ることができるようになります。

次の日に喧嘩を持ち越さない

夫婦喧嘩をすることがあるのは仕方がないことかもしれませんが、喧嘩が長引いてしまうのは
よくありません。
そこで、喧嘩をしたとしても次の日まで持ち越さないというルールを決めておくのがおすすめです。

喧嘩になってしまうNGな言い方・話し方

喧嘩が絶えないという人や喧嘩が長引くという人の場合は、自分の言動を振り返ってみること
をおすすめします。

侮辱や悪口はNG

夫婦喧嘩がヒートアップしてくると、感情的になって乱暴な言葉も出てしまいがちになります
が、相手の性格や見た目を侮辱するようなことや、悪口になるようなことは言わないように気
を付けるべきです。

侮辱や悪口を言っても問題の解決にはなりませんし、喧嘩が終わっても侮辱されたことや悪口
言われたことは相手の心に残ってしまいます。

相手のことはもちろんのこと、相手の両親や友人など大切にしている人に対する侮辱や悪口も
言わないようにしましょう。

論理的に追い込む

喧嘩をする時はできるだけ感情的にならずに冷静に話し合うことが大切ですが、論理的に相手
を追い込むのもよくありません。

仮にそれが正論であっても、逃げ場がないほど追い込んでしまうと相手が何も言えなくなって
しまいます。夫婦喧嘩は相手を打ち負かすためにおこなうのではなく、問題を解決するために
おこなうべきです。

離婚を口にする

夫婦喧嘩をした時に、感情的になって

「もう離婚する」
「別れたい」
「結婚する相手間違えた」

というように離婚に関する発言をするのはやめるべきです。

本人は一時的な感情で言ったつもりでも、離婚というワードを口に出すと、これまで離婚のこ
となんて全く考えていなかった相手も離婚をイメージするようになってしまいます。

他の不満も一緒に話す

あることが問題で喧嘩となったのに「この際だから言うけど」といって、その問題とは関係な
い日頃の不満なども一緒にぶちまけたりしている人も少なくないでしょう。

そういう気持ちは分かりますが、相手は「今、それは関係ないだろう」と思いますし「それな
らこっちも言わせてもらうけど」と口論になって、本来の問題を解決することがでなくなって
しまいます。

喧嘩をしない(少ない)夫婦の考え方や特徴

夫婦喧嘩にならない予防法として、喧嘩をしない夫婦、喧嘩が少ない夫婦はどのような考え方
をしているのかというのを参考にするのもおすすめです。
ここでは、喧嘩をしない夫婦の特徴について紹介します。

価値観や考え方が違うのは当然と思っている

価値観や考え方の違いで、夫婦喧嘩になる人もたくさんいると思いますし、離婚の大きな原因と
なる人もいると思います。

しかし、男性と女性では価値観や考え方が全然異なる事が多く、結婚するまで違う家庭で育っ
たのだから、なおさら価値観や考え方が違うのは当然のことだと思っている夫婦は、価値観や
考え方の違いで衝突するような場面でも喧嘩になることはほとんどありません。

むしろ、価値観や考え方の違いを楽しめるような夫婦であれば、今後の人生も一緒に楽しく過
ごしていくことができるでしょう。

相手への尊敬の気持ちを忘れない

結婚をするような相手であれば、尊敬する部分が必ずあると思いますが、一緒の時間を過ごし
ていると、相手への尊敬の気持ちを忘れてしまいがちです。

そして、相手への尊敬の気持ちを忘れていると夫婦喧嘩も増えてしまいますし、喧嘩中の言動
からも尊敬の気持ちが感じられずに、大げんかになったり、喧嘩が長引いてしまったりします。

しかし、普段から相手への尊敬の気持ちがある夫婦であれば、相手のことを立てながら自分の
意見を言うことができるので、後に引くような喧嘩になることはほとんどありません。

人生を楽しみたいと思っている

せっかくの人生だから有意義に過ごしたいと思っている夫婦は、お互いのことを責めずに許し
合える関係になりやすいため、喧嘩に発展することが少なくなります。仮に喧嘩をしたとして
も、「言いたいことは言い合えたし、もういいか」と短時間で仲直りすることができます。

夫婦喧嘩にならないための予防方法や仲直りのコツについて紹介しました。

「夫婦喧嘩が絶えない」という人
「なかなか仲直りすることができない」という人
「夫婦喧嘩のルールを決めていなかった」という人

喧嘩になるような言い方や話し方をしてしまっていたという人も多いのではないでしょうか。
そういった人は、ここで紹介した予防方法や仲直りのコツを参考にしてみてください。

会社の飲み会に行きたくない!そんな人が知っておくべき 知ってほしいことは前のページ

男のほうれい線対策【HOREsaSENne(ホレサセンネ)】の口コミ、効果、評判を紹介!次のページ

ピックアップ記事

  1. 40代の恋愛 女性が対象とする男性は 40代女性を好きになってしまった時に
  2. 40代の恋愛 女性がバツイチのアプローチには 40代女性を好きになってしまった時…
  3. 40代の女性を好きになる男性ってどんなタイプ?
  4. 50代女性との恋愛 50代男性が心に留めておくべきこと

関連記事

  1. Love

    50代女性との恋愛 50代男性が心に留めておくべきこと

    現在では、50代の男性と50代女性が恋愛をするというのは、珍し…

  2. Love

    40代 男性の恋愛心理を知りたい!40代男性が対象となる女性とは

    40代の男性は、20代、30代の男性よりも落ち着きがあって、経…

  3. Love

    遠距離 恋愛 結婚のタイミングは彼女との結婚どうしたらいい?

    結婚は人生でも大きなイベントの一つなので、結婚するタイミングと…

  4. Love

    40代男性のLINEからわかる好きサイン LINEの脈ありサインには?

    LINEはコミュニケーションツールとして非常に便利で欠かせない…

  5. Love

    実は脈はない!?勘違いしがちな40代男性の態度 脈なしサインには

    気になっている40代男性がいる女性であれば、その男性も自分のこ…

  6. Love

    あなたに合う結婚相談所【結婚相談所比較ネット】の一括比較で無料資料請求

    とにかく鈍臭くて、おっとりしている、恋愛もイマイチよくわからなかった私…

特集記事

最近の記事

  1. Friends

    女友達との喧嘩で仲直りしたい時は 女性同士の喧嘩には
  2. Friends

    女 友達と喧嘩したから気まずい!そんな時には
  3. Friends

    女 友達と喧嘩した!そんなときの対処法は?
  4. Work

    職場のめんどくさい女性その対処法は めんどくさい部下には
  5. Friends

    めんどくさい!友達付き合い対処法 女友達におすすめ
PAGE TOP